滝沢古墳

滝沢古墳

移築された古墳

滝沢古墳は吉岡町役場の敷地内、コミュニティーセンターの南にあります。
しかし、もともとこの場所にあったのではなく北に直線距離で約1.5㎞ほど離れた滝沢川沿いにあり、関越自動車道建設に伴い、調査されたあと現在地に移築復元されたものです。

築造当時を復元

古墳は移築の際に築造当時の姿を復元。

外観の内容は以下の通り(案内板の内容を書き写しました)

墳丘は直径12㎡、高さ2mほどの小円墳。
高さ1mの付け基壇を有し、石室前には台形に開く前庭がある。
墳丘の表面には軽石や川原石を用いた葺石があり、周囲には浅い堀が存在しました。

埋葬主体部

埋葬主体部は、両袖型の横穴式石室で
全長5.5m
玄室の長さ2.7m
玄室の幅 1.8m

石室は安山岩の乱石積
玄室入り口は切石を使っている。

石室の見学

石室は扉が閉まっており、普段は中に入ることはできませんが、役場の窓口に申し出れば石室内の見学もできるようです。(平日のみ)

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。