雪と保渡田八幡塚古墳

雪と保渡田八幡塚古墳

保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん) 4

雪の井出二子山古墳から
ピクミンと花を植えながら梯子古墳。
土曜日のお昼なのに古墳独占状態!
ルートは懲りたのでHANIアプリチェックイン後、
ピクミンと花植えしながら外堤を半時計回りに外周巡り。

保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん)

形状:前方後円墳
   全長:96m
   後円部径:約56m
   前方部幅:約53m
   3段築成で葺石・埴輪(円筒・人物・動物)を備える。
   周囲には堀と堤がめぐり、
   内堀の中には4つの中島が設けられている。
埋葬施設:後円部墳頂で
     舟形石棺と竪穴式石室が見つかっている
出土遺物:馬具類など
築造:5世紀後半
古墳番号:上郊村2号古墳
特徴:築造当時の姿に復元・整備されている。
所在地:高崎市保渡田町字八幡塚1950、1956、1957外
    かみつけの里博物館駐車場より徒歩で約1〜2分。

保渡田八幡塚古墳と井出二子山古墳

保渡田八幡塚古墳の北側から
保渡田八幡塚古墳と井出二子山古墳を写してみたのですがイマイチ、、、

後円部墳頂から写そうと思い、後円部墳頂を目指しました。

保渡田八幡塚古墳の中島君

後円部墳頂への階段へ向かう途中、
中島君を訪問。
もしかしたら親しい人の円墳だったかもしれない中島。
保渡田八幡塚古墳の中島は入る事は出来ません。

後円部墳頂より保渡田薬師塚古墳を望む

後円部墳頂より保渡田薬師塚古墳方面を写しました。

後円部墳頂より井出二子山古墳

後円部墳頂より井出二子山古墳を写しました。

後円部墳頂より かみつけの里博物館を望む

後円部墳頂の階段を登っている時、
太陽が出てきて雪が一気に溶け?
春特有のユゲモウモウ状態になっていた
かみつけの里博物館を写しました。

再び井出二子山古墳へ

ユゲモウモウ状態の井出二子山古墳を撮ろうと
保渡田八幡塚古墳を後にして、井出二子山古墳に向かいました。
わずかな間に雪が溶け、いつもの井出二子山古墳姿に戻ってしまいました。

雪が止み、晴れてきた途端にGOやピクミンをしているらしい人が古墳に現れました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。