雪と井出二子山古墳

雪と井出二子山古墳

井出二子山古墳(いでふたごやまこふん) 9

天気予報を見ると雪が降るとの事。

朝散歩をしている時、
いつもなら素手でも大丈夫なのに
手袋をしていても手が悴んで
西の空を見ると怪しい雲。
「こりゃ雪降るかも」と思っていたら
10時頃から雪が降り出し、
お昼近くに一旦止んだのですがまた降り出してきました。

お昼ちょっと前に、たまたま保渡田古墳群の近くにいたので、
雪の古墳が撮れる!と思い
井出二子山古墳を訪問しました!

井出二子山古墳(いでふたごやまこふん)

形状:前方後円墳
   全長:180m 高さ:8m
   3段築成で葺石、埴輪を備える。
   周堀が2重に巡っており、中堤・外堤がある。
   周堀には中島と呼ばれる直径18mの円墳状の施設が4基あり、
   儀式を行った場所と推定される。
埋葬施設:後円部墳頂から2基の埋葬施設
     舟形石棺は後円部に埋め戻されている。
出土遺物:墳丘および中島には円筒埴輪が並べられ、
     墳丘北側からは形象埴輪群が発見された。
     舟形石棺から玉類、武具、農工具の破片
築造:5世紀後半

上毛野はにわの里公園の駐車場には
若干車はあったのですが、
雪が降っているので、
ルートを歩いている人や
ピクミンと花を植えている人は見当たりませんでした。
古墳独占状態だったので
外堤をピクミンと花を植えながら外周巡りしました。

半時計回りに外堤をピクミンと花を植えて
ルートも歩いていると思っていたら
ルートが進んでいない事が判明。
3/4位ルート歩いたのに、、、
写真撮ったり、HANIアプリのチェックインしたり
ルート進んでいるチェックを怠る初歩的ミス
ルートを削除してGOアプリは閉じ、
墳頂を目指しました。

↓保渡田八幡塚古墳とツーショット

後円部墳頂より保渡田八幡塚古墳を望む

後円部墳頂より保渡田八幡塚古墳を写しました。

後円部墳頂より中島君

後円部墳頂より中島(なかじま)を写しました。
何のために造られたのか不明ですが
井出二子山古墳で造られ、保渡田八幡塚古墳でも造られた中島。
保渡田薬師塚古墳にもあったかもしれない中島。
親しみを込めて中島君と勝手に呼ぶ事にしました。
(サザエさんより引用したので深い意味はありません)

雪の保渡田八幡塚古墳へ

保渡田八幡塚古墳も独占状態みたいなので、
井出二子山古墳を後にして
ピクミンと花を植えながら保渡田八幡塚古墳へ向かいました!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。