中ノ峯古墳

中ノ峯古墳

榛名山の噴火に埋もれていた古墳

中ノ峯古墳は旧子持村にあり、国指定史跡「黒井峯遺跡」から西700mほどに位置します。
「黒井峯遺跡」と同様に6世紀の榛名山噴火による軽石で埋没していたため、盗掘されずに残っていました。

古墳情報

墳形:円墳
直径:9m
高さ:山側0.7m、谷側1.95m

石室:自然石乱石積袖無型横穴式石室
全長5.0m

出土:人骨4体(成人3体、幼児1体)、曲玉、管玉、切子玉、銀製飾金具、太刀、鉄鏃

石室

石室は開口していて自由に入ることができる。
羨道は天井が低いですが、しゃがんで進めば入れます。
中にはカマドウマが大量にいるので覚悟はしてください。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。