長昌寺古墳

長昌寺古墳

長昌寺A号古墳

みどり市笠懸町の西鹿田(さいしかだ)に長昌寺(ちょうしょうじ)というお寺があり、その境内にA号・B号と2基の古墳があります。

長昌寺A号古墳は『上毛古墳綜覧』では「笠懸9号西ノ塚」と記載されており、墳頂が長昌寺の歴代住職の墓地になっていることから「長昌寺開山塚古墳」とも呼ばれています。

直径18m、高さ1.8mの円墳とのデータがありますが、墳頂の墓地を拡張・削平のため、旧状はあまりとどめていません。

長昌寺A号古墳の遺物

古墳の周辺では埴輪片が見られ、その中には円筒埴輪以外にも形象埴輪(靭形埴輪)が確認されていています。
一部の埴輪片の胎土には微小な海面骨針化石が含まれていることから、藤岡産の埴輪の可能性があるそうです。
埴輪から6世紀後半頃の築造と考えられています。

長昌寺B号古墳

昌寺A号古墳は『上毛古墳綜覧』では「笠懸8号東ノ塚」と記載されており、墳頂に庚申塔があることから「長昌寺庚申塚古墳」とも呼ばれています。

昭和56年の調査によって墳丘径は南北16m・東西17mで外形的にはやや方形気味ですが、もともと円墳だったのが道路などで変形したものと思われます。高さは比高2.5m。

墳丘表面には川原石の葺石があり、墳丘南側には比較的大きな安山岩が露出しており、横穴式石室があると考えられています。

墳丘からは埴輪片が数点採集されていますが、昭和56年の調査では埴輪等の検出はなく、7世紀代の築造と考えられてきましたが、埴輪の存在から6世紀代に遡る可能性が考えられます。

参考文献
『笠懸村誌 別巻1 資料編 自然・原始古代編』
『岩宿博物館第67回企画展 地中からのメッセージ』展示図録

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。