国土古墳

国土古墳

国土(こくど)古墳

みどり市の大間々町中学校から北西に少し行った住宅地の中に墓地があり、その墓地と駐車場が国土古墳らしいです。
現状は普通の墓地になっているため知っていて訪れても古墳と認識するのは難しい。

国土古墳は昭和24年、耕作中に石室が発見されて相澤忠洋や地元の高校生らが調査したようです。
石室は横穴式石室で、全長6m、幅1.5m。

石室があったとされている場所は今では墓地の駐車場になっている場所のようです。

国土古墳の出土品

・直刀1 刀部長30.5cmと比較的小ぶりな鉄製直刀。ごくわずかな反りがある。
・刀子2 鉄製の両関(まち)造り。刃部長9.7cmと8.7cm。
・鉄鏃4以上
・耳環1
・須恵器の堤瓶2
・円筒埴輪片1
・盾形埴輪2
・骨(歯)片
以上の出土遺物から6世紀後半頃の築造と考えられる。

参考
岩宿博物館第67回企画展「地中からのメッセージ」展示図録
大間々町誌「基礎資料Ⅵ」大間々町の遺跡

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。