雷電神社古墳

雷電神社古墳

伊与久(いよく)の森

雷電神社古墳は伊勢崎市、旧境町の伊与久地区にあります。
見学の際には雷電神社の社務所があって駐車スペースもあるので安心して散策できます。

雷電神社古墳はこんもりとした森となっていて、この「伊与久の森」は1980年(昭和55)に群馬県自然の森として群馬県指定を受けてるそうです。

周辺を散策

さすがに「森」というだけあって木がうっそうとしています。
夏場の見学では虫よけ対策をきちんとした方がいいですね。

おみこし古墳

雷電神社の本殿をあがり、向かって左に進むと、本殿の横に「おみこし古墳」と書かれた建物があります。
これが八坂神社で、古墳の石室の入り口でもあります。

おみこし

中を覗くとおみこしが入っていました。

石室入り口

おみこしの下を見ると階段がついていて、下に降りたところで右に曲がっています。
これが雷電神社古墳の石室入り口のようです。

石室は両袖型の横穴式石室で、玄室の長さは4.7m。
説明板には「(石室内部は)補修が著しいが、比較的旧状をとどめているのは玄室部」という書き方がされているので、相当改変されているのでしょうか?

古墳の説明板

説明板には
「『上毛古墳綜覧』によれば、本古墳の周辺には多数の古墳があったとされるが、現在では殆ど消滅している。」
とあります。
『上毛古墳綜覧』では雷電神社古墳は「采女1号墳」となっていて、近隣にも「采女〇号墳」といくつかの古墳があったようです。

また、この説明板では
「全長約五十メートル程の前方後円墳と考えられる。」
とありますが、
伊勢崎市のホームページを見ると
「6世紀末から7世紀初頭に築造された円墳である。古墳の規模は直径28メートルであるが、旧状を留めていないため、正確な墳形は不明である。」
とあり、
雷電神社のホームページには
「古墳は6世紀末に築かれた円墳」
とあります。

実際にはどうなのでしょうか?
墳丘の上に神社が建ったおかげで古墳が削平されずに残ったわけですが、神社が建ったために改変されてよく分からない状況になってしまったようです。

雷電神社

最後に、
古墳の上に建てられた「雷電神社」についてのことを神社のホームページから抜粋して書いておきます。

1215年(建保3)創建
1333年(元弘3)新田義貞が鎌倉幕府討伐に際して社殿を修理し戦勝祈願をした。
1573年(天正元)御神木に雷が落ち、中から黄金像が現れ悪疫災難を払ったと伝えられ、その後雷除けの信仰が高まり、老杉の樹皮は雷除けの護符とされた。
1980年(昭和55)「伊与久の森」が群馬県自然の森として群馬県指定を受ける。
1983年(昭和58)「雷電神社古墳」が境町指定史跡となる。
2015年(平成27)創建800年を記念して記念碑を建て、その年の12月に伊勢崎市の景観重要建造物に指定。

報告する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。