桜と平地神社古墳

桜と平地神社古墳

平地神社古墳(へいちじんじゃこふん)

平地神社古墳(へいちじんじゃこふん)

形状:円墳
   直径 33m 高さ 3.5m
   葺石・埴輪を備える。
埋葬施設:南側に開口する両袖型の横穴式石室
     全長 9.7m
     玄室部長さ 5.3m 奥壁高 1.9m
     平地神社古墳(へいちじんじゃこふん)

形状:円墳
  直径 33m 高さ 3.5m
  葺石・埴輪を備える。
埋葬施設:南側に開口する両袖型横穴式石室
     羨道の前面に台形状の前庭部が付く。
     前庭上辺幅 2.42m
     前庭下辺幅 約4.95m
     長さ 3.65m
     石室は羽子板状を呈し、わずかに胴張りが認められる。
築造:6世紀後半
特徴:石室の積み方に特徴があり、
   玄室は珪岩質の軽石と棒状の片岩を用いた模様積みで、
   羨道は河原石の乱石積みである。
   石室内から人骨、直刀、刀子、鉄鏃、耳環、馬具が出土している。
   本古墳は藤岡市内における模様積み石室を有する古墳では最大の規模をもつ。
所在地:藤岡市中大塚1203
    

墳頂部の祠をお参り

墳頂部の祠にお参りしてから古墳外周巡りをしました。

墳頂部より石室入口部を望む

石室立入禁止

模様積みの平地神社古墳の石室。
石室入口部に金網があり、入る事が出来ません。

古墳外周巡り

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。