盾持人の古墳探訪記 金古如来古墳群

盾持人の古墳探訪記 金古如来古墳群

金古如来古墳群(かねこにょらいこふんぐん)

足門寺屋敷古墳群から東南東へ直線で約350m染谷川の東側。
道路に沿って約900m
車で約2分 徒歩で約12分
高崎市群馬体育館から約350m徒歩で約5分。
高崎市立金古南小学校北門?より約62m
徒歩で約1分の所に

金古如来古墳群(かねこにょらいこふんぐん)の
金古如来古墳群a号墳
金古如来古墳群b号墳
金古如来古墳群c号墳
があります。

金古如来古墳群a号墳

裏道として通る道に古墳がある事を
群馬県古墳総覧で知り訪問しました。
足門寺屋敷古墳群からは、
車の通れない裏道を使えば約650m
徒歩で約9分でくる事が出来ます。
金古如来古墳群a号墳 初訪問です。
金古南小学校の横の道は何回も通っていたけど
古墳の存在は知りませんでした。

金古如来古墳群a号墳
(かねこにょらいこふんぐんえーごうふん)

形状:円墳
  現状で直径約10m
埋葬施設:不明(未調査)
特徴:墳丘上に社と鳥居がある。
所在地:高崎市金古町字如来752-3

金古如来古墳群a号墳 鳥居

古墳の南側に鳥居があります。
金古南小学校のグランドから見える方向です。

金古如来古墳群a号墳 社

鳥居をくぐり石段を登ると社がありました。
お参りをして石段を降り、外周巡りをしました。
石段登る時に蜘蛛の巣に注意!!
注意しながら登ったけれど
蜘蛛の巣に引っ掛かりました。

金古如来古墳群a号墳 東側

東側から写しました。

金古如来古墳群a号墳 西側

西側から写しました。
a号墳を後にして、b号墳に向かいました。

金古如来古墳群b号墳

a号墳からb号墳へ梯子古墳。
↓画像左側の木がa号墳の木です。
歩いて1分以内で到着です。

草木で覆われている所が古墳だと思います。

金古如来古墳群b号墳
(かねこにょらいこふんぐんびーごうふん)

形状:円墳
埋葬施設:不明(未調査)
所在地:高崎市金古町字如来751

金古如来古墳群b号墳 北西道路側

高崎市群馬体育館へ行く道路(北西側)から
写しました。

T字路になっている道路の南東側(小学校側)の
こん盛りしているのが古墳だと思います。

何回も通っていたけれど、
古墳とは思いませんでした。

金古如来古墳群b号墳 お地蔵さん?側

古墳の正面?背面?の道路側のお地蔵さん。
皆んな古墳側を向いています。
何か意味があるのかも知れません。

b号墳を後にして、c号墳へ向かいました。

金古如来古墳群c号墳

b号墳からc号古墳へ梯子古墳。
b号墳から約64m 徒歩で約1分
畑の中の墳丘上の巨木が目印。

金古如来古墳群c号墳
(かねこにょらいこふんぐんしーごうふん)

形状:円墳
埋葬施設:不明(未調査)
特徴:畑の中に立地。
  墳丘上の巨木が目印。
所在地:高崎市金古町字如来758

もっと草の無い時期にもう一度撮影する予定です。

○川の近くに古墳が多い理由。
 豪族が川を堰き止め、水を支配していました。
 そこで村が造られたのです。
 川沿いは馬を育てるのにも適していました。
 (中学1年生の自由研究より抜粋、要約)

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。