盾持人の古墳探訪記 諏訪神社古墳

盾持人の古墳探訪記 諏訪神社古墳

諏訪神社古墳(すわじんじゃこふん)初訪問

晩秋から初春にかけて石室見学シーズン。
諏訪神社の許可が取れれば石室の見学が可能と
「ぐんま古墳探訪」に載っていたので
諏訪神社古墳に来ました。
諏訪神社古墳 初訪問です。

諏訪神社古墳(すわじんじゃこふん)

諏訪神社古墳(すわじんじゃこふん)

形状:前方後円墳
  全長 57m
  後円部径37m 高さ4m
埋葬施設:後円部南西に開口する両袖型横穴式石室
    全長 約5.9m
    玄室部長さ 約3.1m 幅 約1.9m 高さ 約2m
    石材に凝灰岩や砂岩が使用されている。
    凝灰岩の切石を積み上げた傾斜の強い側壁が特徴。
出土遺物:墳丘より円筒埴輪や朝顔形埴輪
    埋葬施設より人骨、単鳳環頭大刀、甲冑、馬具、須恵器
築造:6世紀後半
古墳番号:藤岡町3号古墳
特徴:後円部墳頂に諏訪神社が建てられている
所在地:藤岡市藤岡町字東裏甲495諏訪神社

  

諏訪神社

後円部墳頂にある諏訪神社にお参りしてから、
外周巡りをしました。

外周巡り

石室入口

後円部 南西方向に開口する横穴式石室

凝灰岩の切石を積み上げた傾斜の強い側壁を
見るのが楽しみだったのですが、
事務所(社務所?)で石室に入れるか確認した所
藤岡市教育委員会から
「危険なので石室に人を入れないで欲しい」と要請があり
石室に入れないとの事。

すごく残念でかなり凹みました。
最近入れない石室が多いなぁ
南下A号古墳、C号古墳、平地神社古墳、、、
と肩を落としながら、
この後訪問する予定の霊符殿古墳の模様積みも見られないのか、、、
と更に落ち込みました。

出来るだけ入れる石室は入ろうと心に決め、
(ただし、Bの居ない時期)
石室入口付近の古墳巡りを再開しました。

石室入口の柵の間から

柵の間から玄室方向を撮影しました。
また石室に入れる日が来るのかは不明です。

古墳説明板より

古墳説明板の写真を拡大。
「凝灰岩の切石を積み上げた傾斜の強い側壁」

後円部墳頂より石室入口部を望む

諏訪神社北古墳へ

諏訪神社古墳を後にして
諏訪神社古墳の北側にある
諏訪神社北古墳へ梯子古墳。
歩いて約1〜2分の所にあります。

諏訪神社の外周を巡っている時に
諏訪神社北古墳が諏訪神社古墳と思い込んでいました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。