盾持人の古墳探訪記 行人塚古墳

盾持人の古墳探訪記 行人塚古墳

行人塚古墳

下芝谷ツ古墳から約2.6km車で約6分
群馬バス総合バスセンターから約600m
徒歩約2分位の所に
行人塚古墳があります。

下芝谷ツ古墳から行人塚古墳へ梯子古墳。
行人塚古墳はHANIアプリ
チェックインに何回か訪れています。

行人塚古墳

形状:方墳
  1辺約20m
  高さ約3m
築造:7世紀初頭
特徴:
  埋葬施設は南に入口をもつ横穴式石室で
  全長約6.6m 玄室部長さ約4m
  幅約1.6m 高さ約1.8mを測る。
  玄室奥が東に広がる珍しい構造
  L字形をしている。
  墳丘上には芋うえ桜と呼ばれる
  桜の巨木がある。
  芋植えの時期に花が咲くことから
  "行人塚と芋うえ桜"という史跡名となった

行人塚古墳 南側

行人塚古墳の南側に移動して
石室の入口があったと思われる場所を撮影。

行人塚の説明板のある西側から
南西側にある墓地の横を通り、
南側にきました。

古墳は躊躇なく撮影できますが
現代の墓地を含めて撮影するのは
躊躇してしまい、
出来るだけ撮影しないようにしています。

古墳も古代の豪族の墓地なので
同じと言えば同じ事で
あんまり撮影しちゃ駄目なんじゃないのかなぁ〜と
ふと思いながら撮影しました。

いつか行きたいピラミッドを撮るのと同じ事
と勝手に納得して
墳頂にある桜が咲いている時に
撮影したいなぁ〜と思いました。

お約束の墳頂に登る事を忘れてしまいました。

ほとんどの古墳もそうですが、
行人塚古墳も最寄りの道からのアクセスが
わかりづらいです。

そんな時は当たり前かもしれませんが
スマホでマップを見ながら古墳のアクセスを
探す事をお勧めします。
古墳が見えているのに、
どうに行けばいいんだろう?となる事や
古墳の標識があって近くに来ているのに
古墳の場所がわからない!って事が
意外と多いです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。