盾持人の古墳探訪記 平井地区2号北古墳

盾持人の古墳探訪記 平井地区2号北古墳

平井地区2号北古墳(ひらいちくにごうきたこふん)

平井地区2号古墳(ひらいちくにごうこふん)から
平井地区2号北古墳(ひらいちくにごうきたこふん)へ梯子古墳。
平井地区2号古墳の北側にあります。

平井地区2号北古墳(ひらいちくにごうきたこふん)

形状:円墳
  直径 不明
埋葬施設:両袖型横穴式石室
築造:不明
出土遺物:墳丘より円筒埴輪
    周堀より円筒埴輪、人物埴輪
別名:藤岡市18号古墳
所在地:藤岡市三ツ木字東原248,249-4

外周巡り

平井地区2号北古墳の外周を巡りました。
河岸段丘の縁辺部にあります。
周堀から出土遺物が出ていると書かれているので、
周堀がある古墳です。
河岸段丘の縁辺部なので周堀の想像が出来ません。
どのような周堀だったのか?
どのような古墳だったのか
説明板が欲しいです。

石室から龍とか鳳凰の柄頭でも出ていたり、
石室が模様積みだったりしたら
説明板立てるんだろうなぁ〜と
皇子塚古墳や平井地区1号古墳との扱いの差に
なんだかなぁ〜
古墳造られる位の凄い豪族なのに、、、
表現できない何か引っかかるものがあります。

墳頂より平井地区2号古墳、皇子塚古墳を望む

墳頂より
平井地区2号古墳,皇子塚古墳を写しました。

墳頂より平井地区1号古墳を望む

墳頂より平井地区1号古墳を写しました。

説明板のない、
公園来た人も古墳だとわからない古墳の扱いに
モヤモヤしながら
平井地区2号北古墳を後にしました。

皇子塚古墳や平井地区1号古墳にこれだけ近くにあるので、
血縁者の古墳に違いないと古代妄想しました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。