盾持人の古墳探訪記 平井地区1号古墳

盾持人の古墳探訪記 平井地区1号古墳

平井地区1号古墳(ひらいちくいちごうこふん) 初訪問

皇子塚古墳(おうじづかこふん)より
平井地区1号古墳(ひらいちくいちごうこふん)へ梯子古墳。

皇子塚古墳の北側に接する所に
平井地区1号古墳があります。

平井地区1号古墳 初訪問です。
皇子塚古墳と同様の整備された綺麗な古墳です。

平井地区1号古墳

平井地区1号古墳(ひらいちくいちごうこふん)

形状:円墳
  直径24m 高さ3.5m 2段築成
  幅広の基壇(きだん)を有する。
  葺石、形象埴輪、周溝を備える。
埋葬施設:北側に入口をもつ両袖型横穴式石室
    全長6.8m 羨道・玄室からなる。
    壁面は凝灰岩の切り石積みで、
    随所に切り組みの手法を取り入れている。
築造:6世紀後半

平井地区1号古墳 出土遺物

平井地区1号古墳

出土遺物:墳丘上から家、大刀、靭、帽子、
    鞆などの形象埴輪、須恵器、土師器などが出土。
    石室から装飾大刀、直刀、挂甲、鉄鏃、
    馬具、耳環などが出土。
    埴輪や石室から出土した副葬品は
    毎年定期的に藤岡歴史館で展示されます。
    
    装飾大刀 
     銀象嵌円頭大刀(ぎんぞうがんえんとうたち)
     単鳳環頭大刀(たんぽうかんとうたち)

      

平井地区1号古墳 石室入口

外周を巡り、
北側石室入口付近と思われる所を写しました。

墳頂(南側)から皇子塚古墳を望む

墳頂(南側)より皇子塚古墳を写しました

次は、

墳頂から降りて、説明板を読んでからもう一度外周巡りをしました。
綺麗に整備されているので、とても歩き易いです。
訪問したのが8月末だったので
とても暑く汗だくになりながら古墳巡りをしました。

つぎは、平井地区2号古墳へ行くつもりです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。