盾持人の古墳探訪記 大薮城山古墳

盾持人の古墳探訪記 大薮城山古墳

大薮城山古墳(おおやぶしろやまこふん) 初訪問

関越道駒寄PAから約3.2km 車で約4分。
南下古墳群から約2.2km 車で約4分。
の所に大薮城山古墳があります。

南下古墳群から大薮城山古墳へ梯子古墳。
大薮城山古墳 初訪問です。

大薮城山古墳(おおやぶしろやまこふん)

大薮城山古墳(おおやぶしろやまこふん)

形状:前方後円墳
  全長 約53m
  後円部 直径 約25m
  前方部 全長 約24m
  後円部東側に石室が開口。
  葺石 周堀に円筒埴輪
  墳丘から埴輪(円筒・人物・馬・器材)須恵器
埋葬施設:短冊形の横穴式石室
築造:6世紀半ば以降
特徴:現時点で県内最北の前方後円墳
  古墳は盛土で現状保存され
  吉岡町城山みはらし公園の
  古墳広場となっている。
所在地:北群馬郡吉岡町大字南下字大薮117-2

後円墳墳頂より前橋市市街地方面

後円部墳頂より前橋市市街地方面を写しました。

さすが"みはらし"公園。
みはらし良いです!

後円部墳頂より南下古墳群方面を

後円部墳頂より南下古墳群方面を写しました。

南下C号古墳西側から大薮城山古墳を望む

南下C号古墳の西側から
大薮城山古墳方面を写しました。

牛小屋の屋根の上の丘が大薮城山古墳です。

吉岡町城山みはらし公園

桃井城址の物見台があった尾根状段丘は
6世紀半ば以降に造られた
「前方後円墳」であることが、平成24年
防災公園整備計画が進む中、
現状保存を目的とした調査で判明した。

古墳広場の形は前方後円墳

県内最北の前方後円墳

古墳広場の外周を写しました。

これより県北側に前方後円墳はない
と思うと感慨深いものがあります。

現状保存されたと言っても
古墳らしきものがなく
ただの公園散歩になってしまいました。

後円部墳頂からのみはらしは最高でした。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。