盾持人の古墳探訪記 多胡薬師塚古墳3

盾持人の古墳探訪記 多胡薬師塚古墳3

多胡薬師塚古墳(たごやくしづかこふん)

多胡薬師塚古墳(たごやくしづかこふん)

鏑川右岸の上位段丘面上に立地。
現状で直径約25m・高さ約3.5mの円墳で、
両袖型の横穴式石室が南に開口する。
全長約4.95m、
玄室部長さ約2.1m・幅約2.1m、
羨道部長さ約2.8m・幅約1.1m、
牛伏砂岩(多胡石)の切石を切組積みなど
高度な技法を取り入れて構築している。
7世紀後半の築造。
市(旧多野郡吉井町)指定史跡、1971年指定。
"古墳マップ 紹介文より引用"

そろそろシーズン?

ゴキ○リをGと呼ぶのなら
カマドウマはKになるのか?
便所コオロギの呼び名からBになるのか?
そんな事はどうでもよいことですが、
石室に入るのに適したシーズン?
になったと認識しています。

Bは石室の中で越冬している可能性はありますが、、、
石室の中で
カマドウマの巣窟を経験した者としては
出来れば会いたくない相手です。

多胡薬師塚古墳の近くに来る用事があったので、
来ました。

今回の目的は、石室の中に入る事です。

石室の中へ

切石の切組積み
実際近くで見ると、よくこんな物造れたなぁ
凄い技術だと実感します。

ここに葬られる人が亡くなってから
造り始めたらかなりの工期かかるんじゃないのか?
その間、遺体は仮の古墳に置いておくのか?
火葬じゃないから腐って大変だぞ!とか
石室造る設計図に相当する何かがあったんじゃないのか?とか
適当じゃ造れないぞこれ(石室)は?とか
古代妄想しまくりです。

石室から出て、多胡薬師塚古墳を後にして
模様積みの石室を見に次の古墳へ向かいました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。