盾持人の古墳探訪記 前橋八幡山古墳

盾持人の古墳探訪記 前橋八幡山古墳

前橋八幡山古墳(まえばしはちまんやまこふん)訪問

前橋八幡山古墳を訪問しました。
久しぶりの訪問です。
今回は御墳印の撮影兼再探訪目的です。

JR前橋大島駅より約1km
車で約4分 徒歩で約14分。
の所に前橋八幡山古墳があります。

古墳東側(広瀬川側)に八幡山公園の駐車場があります。

前橋八幡山古墳(まえばしはちまんやまこふん)

前橋八幡山古墳(まえばしはちまんやまこふん)

形状:前方後方墳
  全長 約129.5m(群馬県墳丘長6位)
  後方部幅69m 高さ 12.1m
  前方部幅 55.5m 高さ 8m
  2段築成で葺石、周堀を備える。
  内部構造は未調査のため不明だが、
  大正時代に盗掘され後方部墳頂で
  竪穴系の埋葬施設が発見された。
埋葬施設:不明(未調査)竪穴系
出土遺物:周堀より土師器
築造:4世紀中頃〜後半
特色:東日本最大の前方後方墳
  公園内に保存・整備されている。
古墳番号:上川渕村67号古墳
所在地:前橋市朝倉町4-9-3外

鞍部墳頂より前方部を望む

鞍部墳頂より後方部を望む

後方部墳頂

後方部墳頂より前方部を望む

前方部墳頂より後方部を望む

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。