盾持人の古墳探訪記 八幡原町若宮2152所在古墳

盾持人の古墳探訪記 八幡原町若宮2152所在古墳

八幡原町若宮2152所在古墳 初訪問

八幡原A号及びB号石槨より
八幡原町若宮2152所在古墳へ梯子古墳。

石槨(せっかく)の訪問が思っていたより早く終わって
時間が少し余ったので、
グーグルマップで「近くの古墳」検索して
八幡原町若宮2152所在古墳を訪問しました。初訪問です。
本当は若宮北古墳を訪問しようと思っていましたが、
間違えて(縁あって)八幡宮を訪問しました。

八幡原A号及びB号石槨より
約550m 徒歩で約7分 車で約2分
の所に八幡原町若宮2152所在古墳があります。

八幡宮の東側の道路の北側に、参拝者用の駐車場があります。
駐車場から撮影した写真がトップ画像です。
グーグルマップには古墳として載っていませんでしたが、
社殿奥の墳丘を見て神社古墳と確信して訪問しました。

八幡原町若宮2152所在古墳

八幡原町若宮2152所在古墳
(やわたばらまちわかみやにせんひゃくごじゅうにしょざいこふん)

形状:円墳
   直径 約20m 高さ 約3m
埋葬施設:不明(未調査)
出土遺物:墳丘より埴輪(埴輪片)
特徴:若宮八幡宮社殿のすぐ裏に所在する古墳。
   東側半分が社殿により崩されており、三日月型になっている。
所在地:高崎市八幡原町若宮2152

八幡宮にお参りしてから、外周巡りをしました。

八幡宮を見て、反時計周りで外周巡りしました。

古墳の奥(西側)は烏川

古墳の奥(西側)は烏川でした。

井野川と烏川の合流地点付近に、この古墳はあります。
ここに埋葬された豪族もこれらの川の恩恵を受けていたのだと思います。

八幡原A号及びB号石槨や
八幡原町若宮2152所在古墳の周りには、
たくさんの古墳があります。
関越自動車道の西側には若宮古墳群(高崎市)、
東側には下郷遺跡の周溝墓群・古墳群(玉村町)があります。

他の古墳も訪問したかったのですが、
時間が無かったので
また呼ばれたら(時間のある時に)他の古墳も訪問しようと思います。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。