盾持人の古墳探訪記 保渡田薬師塚古墳

盾持人の古墳探訪記 保渡田薬師塚古墳

保渡田薬師塚古墳と西光寺

井出二子山古墳から保渡田薬師塚古墳へ梯子古墳。

保渡田薬師塚古墳
形状:前方後円墳
墳丘長:約105m
    後円部径 約66m
    前方部幅 約72m
築造:5世紀後半
特徴:3段築成で葺石・埴輪を備え、
   周囲には堀と堤がめぐる。
   後円部墳頂には凝灰岩製の舟形石棺が保存されている。
   古墳の上に西光寺という寺院が置かれている
   現在はかなり削られ変形している。

保渡田薬師塚古墳 後円部へ

西光寺の参道を通らせていただき、
寺院の東側の後円部の前にきました。

後円部の墳頂への石段の所に説明板がありました。
説明板で後円部の墳頂に舟形石棺がある事を
初めて知りました。

舟形石棺との対面にワクワクします。

保渡田薬師塚古墳 説明板

後円部の墳頂に登る石段の所に
保渡田薬師塚古墳の説明板があったので
撮影しました。

保渡田薬師塚古墳 後円部墳頂

石段を登ると正面に薬師堂
右側(東側)に舟形石棺が展示されています。

薬師堂の写真を撮るのは忘れてしまいました。

薬師堂にお賽銭をいれ、挨拶してから
舟形石棺と対面

間近で見る舟形石棺の大きさにビックリ!

保渡田八幡塚古墳の舟形石棺も見たけれど
大きさ感がイマイチわかりませんでしたが、
この石棺見る価値ありです!

保渡田薬師塚古墳 舟形石棺

後円部墳頂に舟形石棺が展示されています。

凝灰岩製のくり抜き式舟形石棺です。

こんな大きな岩をくり抜くなんて
どうにして、何日くらいかけて造ったのだろう?と古代妄想してしまいました。

保渡田薬師塚古墳 後円部墳頂より前方部を望む

薬師堂と舟形石棺の展示してある
後円部墳頂より前方部と思われる方を
撮影してみました。

保渡田薬師塚古墳より保渡田八幡塚古墳を望む

保渡田薬師塚古墳 後円部墳頂より
保渡田八幡塚古墳を撮影しました。

保渡田八幡塚古墳から
約550m歩いて5〜10分位?
と近いので
保渡田八幡塚古墳を訪れたら
ぜひ保渡田薬師塚古墳にも来てください!

凝灰岩製のくり抜き式舟形石棺
見る価値あります!

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。