盾持人の古墳探訪記 保渡田八幡塚古墳3

盾持人の古墳探訪記 保渡田八幡塚古墳3

保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん)

御墳印にして欲しい古墳の一つ
保渡田八幡塚古墳を訪問しました。

最初の投稿が保渡田八幡塚古墳だったので、
2024年最初の投稿も初心に戻り
保渡田八幡塚古墳にしました。

保渡田八幡塚古墳(ほどたはちまんづかこふん)

形状:前方後円墳
  全長:96m
  後円部径:約56m
  前方部幅:約53m
  3段築成で葺石・埴輪(円筒・人物・動物)を備える。
  周囲には堀と堤がめぐり、
  内堀の中には4つの中島が設けられている。
埋葬施設:後円部墳頂で
    舟形石棺と竪穴式石室が見つかっている
出土遺物:馬具類など
築造:5世紀後半
古墳番号:上郊村2号古墳
特徴:築造当時の姿に復元・整備されている。
所在地:高崎市保渡田町字八幡塚1950、1956、1957外

かみつけの里博物館
駐車場より徒歩で約1〜2分。

あけましておめでとうございます♪

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年の目標は
「東国副読本」(ダウンロード可能)
中部エリアの古墳を訪問する事です。
中部エリアの関連施設や遺跡、寺跡も訪問したいです。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。