盾持人の古墳探訪記 井出二子山古墳7

盾持人の古墳探訪記 井出二子山古墳7

井出二子山古墳(いでふたごやまこふん)

保渡田古墳群で最初に造られた井出二子山古墳は、
墳丘長108mの前方後円墳で、まわりに内堀と外堀を巡らせている。
外堀まで含めた総長は213mあり、
墓域の面積は約30,000㎡と広大である。
また、内堀の中には円形の中島(祭祀場)が4つ存在している。
墳丘の頂上に設けられた埋葬施設は、大型の舟形石棺である。
〜古墳説明石より抜粋〜

↓井出二子山古墳の後円部の横に
 保渡田八幡塚古墳が見えるこの場所が好きです。

コスモス

内堀と外堀に約50万本のコスモスが植えてある井出二子山古墳。

近くに寄ったので、
外周巡りをしてルートを完了する為、
井出二子山古墳を訪問しました。

いつの間にか外周巡りのルートは無くなっていた為、
普通に散歩をしました。

外周巡り

コスモスは枯れていました。

中島

井出二子山古墳と保渡田八幡塚古墳は、
内堀の中にある円形の施設(中島)が、
他の古墳では例の少ない特色になっている。
〜東国文化副読本より抜粋〜

外周を巡った後
南側の鞍部に近い中島に来ました。
この古墳に来ると、ついこの中島に寄ってしまいます。

中島より後円部を望む

中島より前方部を望む

コスモスが枯れたのを見て
季節が変わっている事を感じながら
古墳を後にしました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。