盾持人の古墳探訪記 九十九山古墳2

盾持人の古墳探訪記 九十九山古墳2

九十九山古墳 説明板

石室入口付近にある
九十九山古墳説明板を撮りました。

九十九山古墳

形状:前方後円墳
  墳丘長 約60m
  墳丘高さ 約5.5m
  後円部径 約35m
  前方部幅 約40m

九十九山古墳 墳丘測量図

説明板の墳丘測量図を撮影。

九十九古墳 石室実測図

説明板の石室実測図を撮影。

自然石積の横穴式石室
 全長 約8.5m
 入口幅 約0.9m
 奥壁幅 約2.0m 高さ 約1.46m

九十九山古墳 石室入口1

石室入口はとても小さいです。

九十九古墳 石室入口2

かなり昔、
この古墳の石室入口に柵がなかった頃
石室に入ったような記憶があります。

"かまどうま"がうじゃうじゃいて
とても気持ち悪かったっていう記憶です。

この入口の大きさでは、
さすがに石室に入れないので
記憶違いかもしれません。

九十九山古墳 下り

墳頂から降りる道、意外と急です。

人力でこんなに土を盛って
高くするなんて
改めて古墳を造った人々の技術に感動します。
古墳が完成するまで何人で何日かかったのか?
その土地を治めている人が亡くなってから古墳造っていたら
葬儀に間に合わないから、
先行で古墳造ってたのかなぁ〜
など古代妄想しながら、
九十九山古墳を後にしました。

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. 岩宿の石器 岩宿の石器

    九十九山古墳のすぐ南には「上毛かるた」でおなじみの老農船津伝次平の墓があります。

コメントするためには、 ログイン してください。