盾持人の古墳探訪記 一本杉古墳

盾持人の古墳探訪記 一本杉古墳

一本杉古墳

国道から裏道を車で走っていたら、
何やら古墳らしきものを発見!
ナビを見ると
多胡村113号墳(一本杉古墳)と判明。

車を農道に停めて、全景を撮影しました。

一本杉古墳

形状:八角墳
古墳番号:多胡村113号墳
築造:不明
特徴:両袖型横穴式石室
  全長 約7.05m
  玄室長 約4.15m
  玄室奥壁側幅 約1.90m
  玄室前幅 約1.45m
  羽子板形でやや胴張り
  2段築成の正八角形墳と想定される
  1段目 径 約23.5m 1辺 約9m
  2段目 径 約18m 1辺 約7m
出土品:不明

一本杉古墳 東側から撮影

セブンイレブン 群馬吉井長根店から
約800m
車で約2分 徒歩約12分くらいの所に
一本杉古墳があります。

一本杉古墳 南側から撮影

多分古墳に杉が一本あるので
一本杉古墳だと思います。

雨+急ぎの用があったので、
墳頂へは登らず、石室の入口も探さず
初訪問終了。

後から八角墳と知りビックリ!
ただの円墳か方墳だろうと思ってました。
なかなか無い形なので、
次に寄る機会があれば、墳頂に登り
石室の入口だろう所を探してみたいです。

八角墳

八角墳

平面が八角形をした古墳で、
発見例は十基程度。
古墳時代の終わり頃(7世紀中頃〜8世紀)
近畿地方で大王の墓として採用されたものもあります。
その他地域でも小規模の八角墳が数例確認されています。

〜古墳マップより引用〜

↓八角墳で有名な三津屋古墳

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. 岩宿の石器 岩宿の石器

    一本杉古墳のすぐ南には神保古墳群があって、ちょっと東に行けば多胡古墳群があります。
    そしてまた東に行くと多胡薬師塚古墳があって9月末頃に行くと彼岸花がきれいです。

コメントするためには、 ログイン してください。