群馬に古墳が多いわけ

群馬に古墳が多いわけ

群馬の古墳

群馬には1万3千以上の古墳があります。

意外と知られていないかもしれませんが、国宝や国指定重要文化財のうちの45%は、群馬から出土されたものなんです。

古墳が多い理由

なぜ群馬に古墳が多いのかというと、交通の要衝地だったから。

多くの人が集まり、関東における文化の中心地となっていたのですね。

また、4世紀から6世紀にかけて「上毛野国(かみつけぬのくに)」と言われ、土壌と水が豊富で農業が盛んだったそうです。

そのため、豪族たちが集まり、その墓である古墳が多数造られたのです。

 

 

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。