後二子古墳(うしろふたごこふん)
御墳印picture

後二子古墳(うしろふたごこふん)

大室古墳群の「三代目」
6世紀後半に築かれた全長85mの前方後円墳。
墳丘規模は小さくなるものの、
巨石を使った横穴式石室が注目される。
前二子の石室に比べてゆったりとした構造で、
合計6人以上が埋葬された。
元々の地形をうまく利用し、
石室の石材も近くで確保するなど、
築造時の「省エネ化」が図られている。
この古墳も、前二子と同じく明治時代に発掘された。
〜ぐんま古墳探訪より引用〜

「日本の歴史公園100選」にも選ばれている大室公園(おおむろこうえん)。
北口駐車場近くにある古墳です。

石室入口付近(前庭部)には儀式に使われた土器が復元されています。
この古墳も石室に入る事が出来ます。
前二子古墳と同じく
人感センサーライト付き石室です。
前二子古墳で慣れたので、
懐中電灯を準備しないで石室に入りました。
整備された石室なので服などが汚れずに
安心して石室に入る事が出来ます。

北関東自動車 波志江PAより約5km 車で約10分。
大室公園の北口駐車場と南口駐車場合わせて500台駐車可能です。
古墳大国群馬兼自動車大国群馬

御墳印購入場所
前橋物産館(JR前橋駅内)
店内北西部

報告する

投稿者

盾持人
盾持人

前橋市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。