宝塔山古墳
御墳印picture

宝塔山古墳

古墳時代も終わりに近い時期に造られた「宝塔山古墳」
石室の石は「載石(きりいし)切組積(きりくみつみ)」という手法で整えられている。
石室の奥の玄室には「石棺」も残されていて、石棺の作りは仏教の影響を受けている。
古墳を造らずに寺院で埋葬するスタイルになっていく最終段階に近い古墳となります。

報告する

投稿者

岩宿の石器
岩宿の石器

みどり市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。