中二子古墳(なかふたごこふん)
御墳印picture

中二子古墳(なかふたごこふん)

6世紀中頃、全長111mの前方後円墳。
前二子古墳を上回る規模から、
「堅実なニ代目」といったところか。
三古墳の中でも別格扱いの歴史があり、
戦前は「陵墓」(りょうぼ)
[天皇家ゆかりの古墳」の候補にも挙げられた。
格調高く、周堀は二重になっている。
埴輪は当時一級品の藤岡産が使われている。
埋葬施設は未調査だが、横穴式石室と考えられている。
〜ぐんま古墳探訪より引用〜

「日本の歴史公園100選」にも選ばれている大室公園(おおむろこうえん)。
南口駐車場の近くにある古墳です。

二重の周堀があり、
中堤の南側に埴輪の列が再現されています。

墳丘に登りたかったのですが
中堤から墳丘への道の途中に侵入禁止っぽい
バーがあったので墳丘には入りませんでした。
墳丘に侵入禁止っぽい文言はなかったので
入っても良いかもしれませんが
入ってくるな!と言うようなオーラを感じる古墳でした。
埋葬施設が未調査なので調査する時に
凄い副葬品が出てくる事を期待します。

北関東自動車 波志江PAより約5km 車で約10分。
大室公園の北口駐車場と南口駐車場合わせて500台駐車可能です。
古墳大国群馬兼自動車大国群馬

御墳印購入場所
前橋物産館(JR前橋駅内)
店内北西部

報告する

投稿者

盾持人
盾持人

前橋市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。