三津屋古墳(みつやこふん)
御墳印picture

三津屋古墳(みつやこふん)

全国でも極めて珍しい正八角形墳。

7世紀後半に築造。
墳丘は2段築成で周堀を持つ。
墳丘対角間長 約23.8m
現存高 4.5m
八角形の一辺の大きさ
下段 約9m 上段 約6m
墳丘の設計には唐尺(とうしゃく:1尺=約30cm)
が使用されていたと推定される。
八角形の中心は玄室奥壁中央で、
石室主軸をほぼ真北に向け八等分している。
自然石乱石積の横穴式石室は破壊され、
副葬品は盗掘をうけたため発見されていない。

奈良県で7世紀中頃以降に造られた八角形墳は7基で、
すべて天皇か皇子の墓と限定されている。

発掘調査の成果を元に外観が完全復元。
御墳印のデザインにもなっている
要塞みたいなカッコイイ古墳です。
古墳内部も見学可能。
他の古墳とはあきらかに違う古墳です。

御墳印になるのを待望していました。
スマホのニュースサイトで発売されるのを知り購入しました。

関越自動車道駒寄PAから
約1.5km 車で約4分。
総社古墳群駐車場(愛宕山古墳北側)から
約3.3km 車で約7分。
南下古墳群駐車場から
約2.1km 車で約5分。
道の駅 よしおか温泉から
約1.8km 車で約5分。

駐車場は2ヶ所あります。
古墳南側に大型バスが数台停められる位広い駐車場。
古墳北西側に普通車3台位停められる駐車場。
ただ、駐車場へのアクセスが狭い道&わかりづらいので注意。
古墳大国群馬兼自動車大国群馬

御墳印購入場所
道の駅 よしおか温泉
「リバートピア吉岡」 フロント(受付)
休館日はHPを参照して下さい。
「物産館かざぐるま」ではないので注意。

報告する

投稿者

盾持人
盾持人

前橋市

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。